So-net無料ブログ作成
検索選択

やってはいけないストレッチ方法とは? [八田永子のストレッチ、口コミ、効果、レビュー]


3分あれば立ったまま床に手をつく事は出来ます。

八田永子のストレッチ
「即効!柔軟upのための*Body Work Theory* 」の詳細はこちら


やってはいけない2つのストレッチとは・・・

ひとつは、形だけのストレッチ

誰もがやったことがあると思います。
「イチ、ニ、サン、シ」と単純に柔軟体操をするだけのものです。
自分の動かせる範囲だけで、何度も屈伸や開脚をしても、
あなたの体が今より柔らかくなるという事は考えられません。
厳しく言うと、やったつもりだけの時間の無駄です。


もう一つは、無理に筋や関節を伸ばすようなストレッチ

形だけのストレッチとはま逆ですね。
顔を真っ赤にして、痛みをこらえながら無理にストレッチしたら、、
その場では若干の伸びが感じられるかもしれません。

しかし、本質的な柔軟性は身につきませんし、故障の原因ともなってしまいます。

もちろん痛くてつらいので、毎日続ける事が出来ませんよね。


では、正しいストレッチとは?

ヒントだけお教えしますね。

実は、肩コリを治すのと同じように、機能解剖学に基づき、柔軟性に必要な筋肉や関節をほぐす。
これが、もっとも効果的に、且つスピーディに体を柔らかくするファーストステップなのです。


もっと興味のあるかたは、

>>こちらをご覧ください<<


このブログは、八田永子さんのつらくない、優しいストレッチ「即効!柔軟upのための*Body Work Theory* 」の効果や口コミ情報をレビューします。



その他の健康に役立つ情報レビューはこちらです。


サラサラ・ブラッド 糖尿病と共に歩む会 堀京子の口コミレビュー


食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD 藤城博の高血圧改善法レビュー


さわるだけで消えるセルライト痩身術 佐藤典子の自宅で行う方法レビュー




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。